キッチンに高級感を。

こんばんは。

コンシェルジュの上田です。

最近のキッチンはとても種類も増えてきて性能はもちろんの事

人に見せたくなるようなっキッチンが増えてきていますね。

 

画像はイタリアのニューフォルム社の水栓メーカーのコック。

大体のシャワーヘッドの部分は簡単に樹脂などで軽く作られていますが

このヘッドの部分には真鍮が使われているんです。

IMG_1279 2

何故、わざわざ重くするのか。

質感+重厚感=高級感としているからです。

欧州高級車のドアが重いように重い・高級感という考えを持っています。

なのでイタリアのドアノブなどもそうなのですが

ドアを開ける際にも少し重みを持たせているんです。

 

元々、地震も少ない為、建物が長持ちすることから家を建て替える必要性がないので

イコール、インテリアにお金をかけ、建材への関心が高いという習慣があります。

なのでマンション・住宅などはスケルトン(何も中に無い状態)で売られているので

トイレやドアの一つでさえ自身で全てコーディネートするんです。

 

細部に渡るまで細かく重要視し長く使えるものがいいですよね。

 

何十年、使えるものを一度の購入で。

 

関連記事