自分に酔う家(^ ^)

おはよございます。

コンシェルジュの上田です。

 

今日は弊社仕様のカーサ・ビバーチェの

代表的作品の家のご紹介です。

IMG_1338

吹き抜けのお家って憧れですよね。

電気代かかるんじゃないかとか思われがちですが

大きめのエアコン1台で充分快適に過ごせます。

 

まず普通の家づくりだと当然暑くて電気代もかさんで大変なのですが

弊社はその常識を覆します。

 

ALCパワーボードにセルロースファイバー

室内を漆喰の壁にすることで家の温度が外に逃げず

家が魔法瓶のような状態になるんです。

 

外壁材のALCパワーボードは通常の壁材は16㎜の所38㎜とかなり分厚めで

断熱性、防音、透湿に優れています。

 

次にセルロースファイバー。

こちらが断熱材なのですが原料は新聞紙・ダンボールなどを細かく砕いたもので

難燃剤としてホウ酸を含ませているので壁の中のカビはもちろん

ノミ、ダニ、ゴキブリにも半永久的に効き目を発揮します。

ちなみにこの断熱材、バーナーで炙っても燃えないんです。

 

この二つを用いて従来の住宅とは歴然の差を見せますが

最後にうち壁を漆喰にすることでパーフェクトに。

☆漆喰壁のポイント☆

VOC(揮発性有機化合物)の吸着・分解
・パターンや色によって、洋風から和風、さまざまなデザインが可能
・呼吸する壁といわれている通り、湿度を調湿してくれる
・家の中の嫌な臭いをとってくれる(脱臭効果)
・燃えないので火事に強い
・漆喰内部は強アルカリ性のためカビにくい(部屋内のウイルスも生きにくい)
・耐インフルエンザ性
・音が通りにくい(防音性)

 

お施主様より、以前マンションで住んでいた時、娘がひどい喘息に

なっていたけど引っ越してから良くなったとお聞きした例もあり

家にも優しく人間にも優しいという優れもの。

 

この3つを自信を持って標準仕様として扱っております。

 

最高の家造りを。

全てはお客様の笑顔のために…。

関連記事