〜塗り壁〜

こんにちは。

ウッドスタイルコンシェルジュの上田です。

 

最近新築の住宅で多く使われている塗り壁。

漆喰や珪藻土やシラス壁。

それぞれ少し効果は違いますが何故塗り壁が流行っているのか。

分かりやすくご説明したいと思います!

〜塗り壁の良い所〜

・VOC(揮発性有機化合物)の吸着・分解。
・パターンや色によって、洋風から和風、さまざまなデザインが可能。
・呼吸する壁といわれている通り、湿度を調湿してくれる。
・家の中の嫌な臭いをとってくれる(脱臭効果)
・燃えないので火事に強い。
・漆喰内部は強アルカリ性のためカビにくい(部屋内のウイルスも生きにくい)
・耐インフルエンザ性。
・音が通りにくい(防音性)

〜悪い部分〜

・ひっかくとキズが入ることがある(これはビニールクロスも同様)

・塗りたての時の匂いが気になる人もいる。

(この匂いは自然のにおいに近いものでVOCではない。時間がたてばにおいはなくなる)

・水をはじかない(配合を変えることで対処できる)

・普通のビニールクロスの施工よりも少し工期が長い。

(湿式工法なので下塗りしたあと乾きを待つ作業があるため)

IMG_1856

壁材としての歴史は5000年以上で世界遺産や国宝の建築物に多く使用されています。現在、日本の住宅の95%がビニールクロスを使用しておりますが、クロスというのはもともとは『布』という意味。昔はお金持ちが羊の皮などを部屋の壁紙に使っていたところから、クロスは高級なイメージがあった。そのクロスという名前を引き継いで、現在の塩化ビニールクロスとなったが、ビニールという言葉には安っぽいイメージがあるため、現在は塩ビクロスをクロスと呼んでいるところが多いです。

ビニールクロスの良い部分は、工事が早い!塗り壁と比べ安い!デザイン豊富!リーズナブルだから張り替えもしやすい!とかなり褒めるべき所があります。

 

相対して、悪い部分は…

・化学糊をたくさんつかう傾向にある。
・シックハウス症候群を引き起こしてしまう可能性がある。
・張る時もはがす時もVOCを発散してしまう。
・調湿性がないためカビやすい。
・石油からできている。
・やわらかくするために可塑剤(かそざい)が入っている。

 

分かりやすくメリット、デメリットをお話させて頂きました。ビニールクロスが悪いとは私は思いませんがお体に気を使われている方、お子様が化学物質に弱い又は酷い喘息などを持っている方、その他自然素材を意識されているのなら断然塗り壁が良い‼︎と思います。以前にお施主様でアパートに住んでいた時の娘様の喘息がすごく酷かったけど漆喰の塗り壁のお家に創らせて頂き入居されてから娘様の喘息が良くなったとお聞きした例もあります。フルでビニールクロスにするのは少し不安ですが、アクセントにビニールクロスを使用するのも私個人的には個性が出て良いと思います。

IMG_1865

塗り壁は施工の時間はかかりますがやはり塗りの重厚感といい高級な質感は目で見て分かります。時間がかかる分、費用がかかる分、人体にも後のお財布にもメリットを与えてくれます!現場で職人さんが簡単そうに塗っているので私も挑戦したくなり廃材で少し 塗りを体験させて頂きましたが……無理でした。私は左官屋にはなれません。センス以前の問題でした…笑

 

今月9月17,18,19日の完成見学会の建物にはふんだんに塗り壁を使用しておりますので是非ご来場しご体感下さいませ!!

 

最高の家創りを。

全てはお客様の笑顔のために…。

関連記事