ゼロエネ住宅(ZEH)について

ゼロエネ住宅はいまやあたり前になりつつあります!!

ウッドスタイルゼロエネ住宅モデルハウス国の省エネルギー施策では、2020年にはすべての新築住宅を対象に、省エネ基準適合住宅に義務化することで決定しています。
政府の目標として、2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な住宅にすることを目指すとしています。
さらに、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目標に掲げています。
この流れは日本に限ったことではなく世界の基準となっており、「住宅を取得するならゼロエネルギー住宅」が今後は当たり前になるでしょう。
ウッドスタイルでは今回、長期優良住宅をベースにしたゼロエネ住宅ZEHモデルを発表いたしました。ウッドスタイルの標準仕様である長期優良住宅(低炭素基準)のポテンシャルならば多少のバージョンアップで容易にゼロエネ住宅が実現できます。

●ZEHに関する海外諸国の規制・目標
ZEHに関する海外諸国の規制・目標


ウッドスタイルゼロエネ住宅【ウッドスタイルのZEH事業計画】
ウッドスタイルでは、平成32年度までに、ZEH住宅の普及率を70%とする目標を揚げています。
●普及率目標(ZEHとNearlyZEHの合計)普及率目標
ウッドスタイルでは、ネット・ゼロ・エネルギーハウス支援事業にZEHビルダーの登録を行いました。

●普及率実績
■平成28年度: 0%
■平成29年度: 0%

「省エネ」と太陽光発電による「創エネ」
家庭で使うエネルギー収支をゼロ以下にする家

ゼロエネ住宅とは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率化設備により、できる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電などによりエネルギーを創ることで1年間で消費するエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅のことです。

ゼロエネ住宅消費エネルギーが1年間ゼロ以下の家

省エネ

住宅の断熱・気密性、通風・採光性を工夫し高めることで外気温に左右されにくい温熱環境を保ちます。
エアコンの使用頻度を低減。合わせて、高効率な省エネ住宅設備を導入することでエネルギー消費量を減らします。

創エネ


太陽光発電や燃料電池エネファームなどによる自然エネルギーの活用によって家庭で使用するエネルギーをつくります。


●2020年省エネ基準の住宅とゼロエネ住宅の省エネ性の違い
2020年省エネ基準の住宅とゼロエネ住宅の省エネ性の違い

今まではエネルギーを消費するだけの暮らし、
これからは無駄を省き、さらに得をする暮らしへ。


ゼロエネ住宅の大きな魅力は光熱費ゼロの暮らし。住まい方などによっては光熱費がかかる場合もありますが、大幅に削減できることは確かです。自然エネルギーを活かして暮らしのエネルギーを節約します。換気や断熱、採光の工夫によって、太陽の光や風の取り入れ方をコントロールし、豊かな四季を感じながら夏は涼しく、冬は暖かい、心地よい住まいを目指します。

また、お手入れのしやすさや、節水・節電に効果を発揮する設備機器の採用、さらに、家事のしやすさを考えた動線計画によってスマートで快適な住宅を実現します。
光熱費ゼロの家