住宅の気密化とは?

こんにちは!コンシェルジュの森本です😃

皆さん、「住宅の気密化」という言葉を聞いたことはありませんか?

住宅購入を検討されている方なら「高気密住宅」っていう言葉を聞いたことがあるかと思います。

住宅の気密化とは簡単に言えば住宅の隙間を減らして密封性を高めることです。

メリットとしては

※省エネルギーで室内の温度を快適に保つ❗

※断熱性能の低下を防ぐ❗

※ヒートショックのリスク軽減❗

※遮音性が高い❗

などなど多くのメリットがあります。

弊社では工事の中間で自社による気密測定、完成前に第三者による気密測定の2回測定を実施しています。

先日、香南市で建築中の現場にて気密測定をしました。

IMG_3449

窓サッシの一部をこのようにアルミ製の特殊なシートで全体を隙間が出来ないようにセッティングします。

IMG_3451

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが測定中の様子です。減圧法という測定方法で気密測定器の送風機を回し、室内の空気を外に排出して住宅内外で圧力差を作ります。測定は数回行い、その平均を求めます。

IMG_E3452

気になる結果は。。。。。。

C値0.3㎠/㎡‼‼ 

(※C値とは「どれぐらい家に隙間があるのか」を示した数値で小さいほど隙間が小さく、熱が逃げにくく気密に優れています。)

これは建物にある全ての隙間を集めた時、1㎡あたり0.3㎠の隙間があるということです。

きちんとした建材を選び、設計をして、大工さんの技術がなければ良い数値は出ないと思います。

弊社では外観、内観のデザインだけではなく、住宅の性能面についても力を入れて取組んでいます。

ご興味のある方はぜひお問合せ下さい😃

 

 

 

関連記事